「リウマチ性多発筋痛症」闘病記

私は、2019年2月中頃に「リウマチ性多発筋痛症」を発症しました。
今回、同じ病気になられた方に少しでもお役に立てればと思い私の経験を記事にさせて頂きました。
注)あくまでも私の経験談なので全ての方に当てはまらないことをご了承下さい。

「リウマチ性多発筋痛症」とは、膠原病の一種で原因不明の炎症性の疾患です。

こちらもCHECK

救急車
リウマチ性多発筋痛症になりましたー闘病記ー

こんにちは。アヒルのマー君です。 私、実は2週間ほど前から入院してます。 このブログも病院のベッドの上で書いています。 病名は、「リウマチ性多発筋痛症」という病気です。 今回の入院で経験したことや退院 ...

続きを見る

最初に現れた症状は、軽い腰痛からでした。
痛みは段々全身に広がっていき、最終的には強烈な痛さで起き上がることも寝返りもうてない様になりました。

こちらもCHECK

腰が痛い
リウマチ性多発筋痛症の発症からの経過

こんにちは。アヒルのマー君です。 今回は「リウマチ性多発筋痛症」を発症してから入院に至るまでを時系列に話したいと思います。 ※「リウマチ性多発筋痛症」についは「リウマチ性多発筋痛症になりました」の記事 ...

続きを見る

自宅の近所の整形外科に通っていましたが、症状は悪化するばかりでした。
そのうち発熱もするようになり改めて近所の総合病院を受診しました。

しかし、血液検査の結果の数値に異常があることが分かりましたが原因を特定することができませんでした。
このため、最寄りの大学病院に転院することになりました。

こちらもCHECK

救急車と病院
リウマチ性多発筋痛症で入院するまでの経緯

こんにちは。アヒルのマー君です。 今回は、「リウマチ性多発筋痛症」で入院することになった当日について話したいと思います。 ※「リウマチ性多発筋痛症」についは「リウマチ性多発筋痛症になりました」の記事を ...

続きを見る

転院先の大学病院では、最初に整形外科が担当となりましたが色々と検査をしましたがやはり原因は分かりませんでした。

数日後、内科側の診察を受けることになりました。
その結果、「リウマチ性多発筋痛症」の疑いがあるという診断が下されました。

ただ、「リウマチ性多発筋痛症」は決めてとなる検査がないため他の病気の可能性を検査によって排除する必要があるということでした。そして次の日から検査漬けの日々が始まりました。

こちらもCHECK

血液検査
リウマチ性多発筋痛症の疑いあることが判明

こんにちは。アヒルのマー君です。 最初、受入れた整形外科では分からず、内科での診察を受けた結果、「リウマチ性多発筋痛症の疑い」と診断が下されました。 しかし、ここから診断が確定するまでにまた時間がかか ...

続きを見る

色々受けた検査の中で「血管造影検査」が結構大変でした。
検査自体は、それほど大変ではありませんでしたが終わった後に止血のために約4時間の間ベットの上で安静にしていなくてはいけないのが辛かったです。

こちらもCHECK

注射器と試験管
血管造影検査は終わったあとが大変でした

こんにちは。アヒルのマー君です。 今回は、「リウマチ性多発筋痛症」を確定させるために受けた検査の中で意外と大変だった血管造影検査について話したいと思います。 ※「リウマチ性多発筋痛症」についは「リウマ ...

続きを見る

病名が「リウマチ性多発筋痛症」と確定したことで、ステロイド薬の投薬(飲み薬)が始まりました。
その後、薬の効果もありなんとか歩ける程度まで回復してきたので入院してから20日目にようやく退院することが出来ました。

こちらもCHECK

病院のイメージ
リウマチ性多発筋痛症で入院から退院までの経過

こんにちは。アヒルのマー君です。 今日は、「リウマチ性多発筋痛症」で入院してから退院するまでの経過を時系列に話したいと思います。 ※「リウマチ性多発筋痛症」についは「リウマチ性多発筋痛症になりました」 ...

続きを見る

退院後は、症状をみながらステロイド薬と痛み止めの量を徐々に減らしていきました。
現在(2021年7月時点)は、ステロイド薬を最初の15mgから3mgまで減らすことが出来ました。
痛みについてもほぼ無くなりました。たまに、左肘が痛かったりしますが通常の生活には影響ない程度です。

こちらもCHECK

カルテと聴診器
リウマチ性多発筋痛症の退院後の経過

こんにちは。アヒルのマー君です。 今日は、退院後の「リウマチ性多発筋痛症」の経過について話したいと思います。 ※「リウマチ性多発筋痛症」についは「リウマチ性多発筋痛症になりました」の記事をご覧ください ...

続きを見る

痛み止めに関しては、退院後から約5ヶ月目で全ての痛み止めを完全に止めることが出来ました。

こちらもCHECK

錠剤
「リウマチ性多発筋痛症」痛み止めを削減してみる

こんにちは。アヒルのマー君です。 今回は、「リウマチ性多発筋痛炎」の治療のために服用している痛み止めの減らし方とその後の経過について話したいと思います。 ※「リウマチ性多発筋痛症」についは「リウマチ性 ...

続きを見る

最後まで読んで頂きありがとうございました。
あくまでも私の経験談ですが、多少なりともお役に立てれば幸いです。

2021年7月14日

© 2021 アヒルのマー君の雑記帳 Powered by AFFINGER5