暮らし

缶詰の保存方法はどうしてる?開ける前と開けた後

2018年5月19日

缶詰保存

こんにちは。アヒルのマー君です。

みなさんは、缶詰をどのように保存していますか?

「常温保存で大丈夫でしょう」と思われますよね。それは、大筋合っています。
でも、ちょっと気を付けたいポイントがいくつかありますので紹介したいと思います。

では、缶を開ける前と開けた後に分けて説明したいと思います。

スポンサーリンク

缶詰を開ける前

缶詰を開ける前は、以下のことに注意して保管しましょう。

・日が当たらない場所に保存する。

・常温で保存する。

常温で保存で問題ありませが、出来れば温度は25度以下の場所で保存するのが望ましいです。

・湿気が少ない場所に保存する。

缶が錆びると腐食してしまうので、湿気が少ないところに保存しましょう。

・冷凍庫で保存してはいけない

未開封の缶詰を冷凍庫に入れるのはやめましょう。缶が破裂する恐れがあります。

缶詰を開けた後

缶詰の中身には、保存料が使われていないので開けた後は必ず冷蔵保存して2~3日以内に使い切りましょう。

また、缶の内側がコーティングされているものは、そのまま保存しても問題ないようですが、出来れば保存用の別の容器に移して冷蔵庫に保存するのが望ましいです。

缶詰 冷蔵庫に保存

特に、果物の缶詰については缶の内側がコーティングされていないので、必ず保存用の別の容器に移して冷蔵庫に保存しましょう。

保存方法については、缶に記載されている注意書きに従って保存しましょう。

缶詰 注意書き

注意点

賞味期限内であっても、下記のようなものは腐敗している可能性がありますので食べないようにしましょう。

・蓋が膨らんでいる。
・缶が錆びている。
・缶に穴が開いている。

あと、缶詰は賞味期限を過ぎても問題なく食べられるようですが、出来るだけ賞味期限以内に消費しましょう。

ちなみに、製造してから100年以上もたった缶詰を食べても、特に問題無かったという話もあるみたいですが、やはり賞味期限内に消費することをお勧めします。

スポンサーリンク

最後に

最後に保存方法の注意点を以下にまとめます。

<開ける前>
・日の当たらない場所に保存する。
・常温で保存する。(25℃以下が望ましい)
・湿気が少ない場所に保存する。
・冷凍庫で保存してはいけない。

<開けたあと>
・別の容器に移し替えて冷蔵庫に保存する。
・2〜3日以内に消費する。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
この記事がちょっとでもお役にたてれば幸いです。

こちらもCHECK

缶詰 湯煎
缶詰の温め方どうしていますか?湯煎がオススメです

こんにちは。アヒルのマー君です。 みなさんは、缶詰をどのようにして温めていますか? きっと、電子レンジで温めている方が多いのではないかと思います。 私のお勧めの温め方は湯煎です。 それでは、湯煎をお勧 ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 アヒルのマー君の雑記帳 Powered by AFFINGER5